球根から育てる時のコツ
球根から育てる時のコツ

我が家では春にチューリップを楽しむために

■ 39歳 男性
我が家では春にチューリップを楽しむために、球根を買ってきてこの時期に植えつけをしています。球根から育てる植物のポイントは、最初の球根選びと球根の植え方にあります。
球根を選ぶとき、固くて大きなものを選びましょう。ふかふかしていたり、株が分かれていたり、しなびている球根は育たない可能性が高いです。
鉢植えでも地植えでもどちらでも良いですが、植えるときには肥料をたっぷりやって、しっかりと根を張れる土を選ぶことも大事です。

なるべく美しく成長させるために、植えるときには球根の間隔と向きを一定にすることも重要です。
バラバラに植えると、芽が出て葉が広がった時に重なり合って十分な光合成を行うことができず、美しい花を咲かせる力がなくなってしまいます。水のやりすぎにも注意です。
表面が乾いたらさっとあげるくらいで十分です。
水が少なめの方が、根が地中深く張るのでしっかりとした株になります。
植えた球根から芽が出てきたときの喜び、美しい花が咲いたときの喜びは、球根ならではの楽しさです。
ぜひこのコツを踏まえて、素敵なガーデニングをお楽しみください。

関連リンク

Copyright (C)2017球根から育てる時のコツ.All rights reserved.