球根から育てる時のコツ
球根から育てる時のコツ

球根から育てる植物で代表的なのがチューリップですが

■ 36歳 男性
球根から育てる植物で代表的なのがチューリップですが、きれいに揃った咲き方にするには、植え方が重要です。

育てるコツは球根の向きを考えることです。
球根を見ると形が特徴的であり、チューリップの場合だと尖がっているところから花が咲きます。そして葉が出る方向も決まっているため、全てを同じ向きに揃えることで葉の干渉を防いで見栄えの良い咲き方となります。きれいに整列して咲いていると日光が当たりやすくなるので、成長にとっても良好です。

植える時の間隔にも注意をします。密集しすぎていれば十分な日光が当たりづらくなったり見た目も悪くなったります。きれいに整列させて植えつけるためには、ロープなどを張って、そこに沿った形で植えていくと整列させて植えていくことができます。
育てる時のコツとして、植える時の深さに注意することです。
浅すぎると根で押されて出てきてしまいます。プランターなどで育てる場合には、深めに植えてしまうと根が十分に伸びないことになってしまいます。適当な長さの棒を使って深さを簡易的に調整すると楽です。

関連リンク

Copyright (C)2017球根から育てる時のコツ.All rights reserved.