球根から育てる時のコツ
球根から育てる時のコツ

球根は比較的大きさもあり栄養もいっぱい持っているので

■ 50歳 男性
球根は比較的大きさもあり栄養もいっぱい持っているので、種から育てるよりも楽にできるものです。
それでもコツがありますので、知っておいた方がお得な知識を教えます。
まず、植え付けから開花までが速い物を選びます。例えば彼岸花の球根は8月下旬から9月初旬に植え付けると、9月下旬には開花してしまいます。このスピード感たるや、ついこの前植えたのにもう花が咲いているという感じです。

手間もまったくかからず、植えるだけで済みますし、毎年花を咲かせてくれるので、初心者にはお勧めの花だと思います。赤色の彼岸花は毒々しくて嫌いだという人には、黄色などの違った色の彼岸花もありますので、選んでみてはいかがでしょうか。
もう少し手間をかけて育てたいという人のためにチューリップの球根はお勧めです。
なるべく大ぶりの球根を植えましょう。これも冬の寒さにしっかり当てて春になるのを待てば、自然に開花するものです。
温度変化に曝されないように少し深めに植えるのがコツになりますので、覚えておきましょう。11月に植えて3月に咲くので、彼岸花よりは待つことになります。

関連リンク

Copyright (C)2017球根から育てる時のコツ.All rights reserved.