球根から育てる時のコツ
球根から育てる時のコツ

植物を球根から育てるのは、難しいと思う人が多いかもしれません

■ 44歳 女性
植物を球根から育てるのは、難しいと思う人が多いかもしれません。ですが、コツをおさえて育てれば、上手にきれいな花を咲かすことができます。
まず球根を店で買う時には、表面に傷やカビのない物を選ぶようにしましょう。次に土の準備をします。土は細菌や病原菌がいると、球根を病気にしてしまうので、2週間くらい前には石灰を混ぜて消毒しておきましょう。さらに球根は殺菌効果のある薬品に漬けてから土に植えると、病気や腐れを防ぐ効果が高くなります。
土は中に肥料を埋めておきます。球根を植える時は、花の種類によって球根を植え込む間隔が異なるので、その種類に合った間隔で植えるようにしましょう。球根をたくさん詰め込み過ぎると、互いにうまく成長しません。上から土をかぶせ、球根が十分に隠れるようにし、水を与えます。芽が出るまで時間のかかる物もありますが、乾燥させ過ぎにも水の与え過ぎにも注意して、適量の水を定期的に与えるようにします。
芽が出たら十分に日光を当て、極端な高温や低温を避けて風通しの良い所で育てます。時々、液体肥料を与えると成長を促進するでしょう。

関連リンク

Copyright (C)2017球根から育てる時のコツ.All rights reserved.